http://www.eonet.ne.jp/~hina-made/


by hina-made
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009夏旅。その6

e0168250_1635346.jpg

九州ともいよいよお別れ。

夕方「新門司港」のフェリー乗り場に向かいました。

来た時と同じ「ニューあかし」です。

船内は新しいとは言えないけれど、とても居心地が良かったです。

最後位は夜更かししようと思ったけれど・・・

ゴトゴト小さな振動にゆられてまたもや熟睡。

e0168250_1644831.jpg

あっという間に泉大津です。

短い航海ではありましたが、行きも帰りも同じ船に乗ると

なんだか別れがたいものですね。

e0168250_1653472.jpg

そして私の買ってもらったお土産。

フェリーの売店で売られていました。

e0168250_1661045.jpg

阪九フェリーの「つくし」と言う船がモデルに書かれています。

神戸港からの出航ですが、とても細かに書かれていて、旅の様子が良く思い出されます。



普段住み慣れた町を遠く離れて、少しの非日常を感じれるのって本当に楽しい。

船旅はその「離れている」距離感をすごく感じられる旅でもありました。

旅の途中に色々と親切にしてくださった九州のみなさん、どうもありがとう。

そしてながーい旅話を最後までお付き合いくださったみなさんどうもありがとう^-^


・・・おわり・・・

[PR]
by hina-made | 2009-08-26 16:38 | 旅のこと | Comments(8)

2009夏旅。その5

e0168250_158405.jpg

クラゲがあまりにも沢山いたので、早めに海水浴を切り上げて門司港に向かいました。

私たちがフェリーで着いた新門司港とは別の場所です。

ここ門司は古くからの港です。

外国から港に着いたバナナが、このながーいホームから全国へと運ばれたのでしょうか。
(バナナの叩き売りの発祥の地ですって!)

e0168250_1512867.jpg

門司の駅舎は重要文化財のに指定されています。

1914年からずーっとこの場所に建っています。

この改札、すごく素敵ですね。

いったいどれくらいの人が行き来したのでしょうか。

駅構内には他にも色々と明治、大正のモダンな雰囲気を感じられる所がたくさんありました。


e0168250_15345621.jpg

この駅舎が今年95歳。

左右対称のネオルネッサンス様式の木造建築だそうです。

駅構内にもこの「門司港レトロ」を散策できる観光マップが置かれていましたよ。

ここ門司港レトロには明治から大正にかけて建てられた建築物が色々とあります。

1~2時間程で見所を回れる観光コースも地図で紹介されています。

e0168250_15151033.jpg

さすがに昔からの港町ですね。

異国の様な建物がちらほら建っています。

何の会社でしょうか。

表から見ると何とも味わいのあるレトロビルでしたよ。

e0168250_15162116.jpg

すぐ近くは関門海峡。

折角なので遊覧船に乗ってみました。

関門橋の近くまで船を運転しながらガイドしてくれます。

フェリーと違って波と一緒にザプンと揺れます。

でももちろん家族全員デッキに座りますよ。

潮風と一緒に、時折水しぶきも飛び込んできます。

若いお姉さん船長、1人2役かと思えば・・・

港に着くと接岸して降り、手だけ船に入れてきっちりと停止。

ロープまでかけて1人3役。

お見事でした。

・・・続く・・・

[PR]
by hina-made | 2009-08-25 16:01 | 旅のこと | Comments(2)

2009夏旅。その4

e0168250_17155757.jpg

優しかった馬たちとお別れし、阿蘇駅へ。

とっても広々とした周りの風景。

ここから九州横断特急に乗って1時間ちょっと。

熊本へ向かいます。

e0168250_17164551.jpg

阿蘇駅の天井。

この感じにとても弱いですね。

高い天井にアイボリーのペンキとシンプルなシェード。

古いものなのでしょうか?

開放感のある駅に良く似合っています。

e0168250_17173880.jpg

熊本からは特急「リレーつばめ」に乗り換えです。

特急で博多まで1時間と少し乗り、今度は鹿児島本線の快速電車に乗り換え。

やはり関西とは違いますね。

アニマル模様でとってもカラフルです。

e0168250_17181213.jpg

30分ほど快速に乗って夕方5時半にホテルに到着。

目の前は玄界灘。

私のイメージとは違って、とても穏やかな海です。

でも・・・お二人さん、もう陽が沈みますよ。

e0168250_1719722.jpg

翌日は朝から海水浴。

ホテルの裏側に砂浜があります。

開きっ放しのフェンスのゲート。

水着のままで向かいました。

残念な事に、お盆過ぎにてクラゲ多数。

息子と私は水際で、夫は沖で家族みんな仲良く刺されました。

そしてここにはアサリも沢山。少し掘ると、ワンサカ出てきましたよ。

旅先ですので見つけたアサリは逃がしてあげました。

砂にもぐる姿が何ともかわいいですね。

・・・つづく・・・

[PR]
by hina-made | 2009-08-24 18:55 | 旅のこと | Comments(0)

2009夏旅。その3

e0168250_1841051.jpg

阿蘇に着いた翌日。

今回のお楽しみ、ホーストレッキングに出かけました。

大観峰に程近いグリーンバレーという乗馬クラブです。

まずは8匹の犬達のお出迎え。

息子は大の動物好きなのです。

すっかり犬の仲間に入れてもらってましたよ。

e0168250_1855088.jpg

ここの馬達はとっても良く調教されています。

自分の出番が終わると、引っ張らなくても自分の家に入っていきます。

馬ってとても奇麗!

ずらっとならんだお尻としっぽ。

みんなぴかぴか光っています。

e0168250_1865722.jpg

さて手綱のひき方、馬の扱いについてレクチャーを受けた後、いよいよ出発です。

ガイドさんの後ろについて、みんな1人ずつ馬に乗ります。

最初はドキドキ!  でもそんな不安はあっという間に飛んでしまいました。

ちょっとの間、舗装された道を「カッポ、カッポ」と良い音を立てて歩きます。

その後砂利道に入って、その後は草原の中へ。

見渡す限りの草原。  私たちと馬達だけ。 風の音と馬の歩く音が聞こえるだけです。

ものすごく広いこの牧場、敷地の境目が分からないほどの大きさ。

家もありません。もちろん車も走りません。

途中出会ったのは、小さなお地蔵様だけ。

そしてとても賢いこの馬達。

少しの手綱のひき方で、ちゃんと言う事を聞いてくれます。

なんてかわいいの!!!

e0168250_1874699.jpg

でも賢いから、時々ずるをします。

文字通り「道草」。

息子の乗ったこのお馬、お腹に赤ちゃんがいるのですって。

きっとお腹が空くのね・・・。

私たち大人が乗っていると、あまりずるしません。

良く分かっています。

本当におりこうです。

e0168250_1885086.jpg

ここの犬はのんびりと良く寝ています。

でも息子が敷地から離れようとすると

みんなで「ワンワン!!!」と追いかけてきて道を塞ぎます。

まるで、「そっちはアカンよー。この近くに居なさいね。」って雰囲気です。

息子が戻ると犬も戻ってきます。

犬の掟を教えてくれてるのかしらね。

もちろんのんびり屋のこの子も必死で走ってきてくれます。

e0168250_1894336.jpg

阿蘇って本当に不思議。

まるで私の知っている日本ではありません。

広大な草原を守る為に毎年野焼きをするんですって。

大草原とこんな建物。  

子どもの頃に大好きだった「大草原の小さな家」を思い出しました。

[PR]
by hina-made | 2009-08-23 18:48 | 旅のこと | Comments(2)

2009夏旅。その2

e0168250_19452241.jpg

阿蘇の駅に到着です。

思ったてたよりもこじんまり。

ちょっとウエスタンなかわいらしい駅舎です。

e0168250_19464887.jpg

ここから路線バスに乗って阿蘇山へ。

途中でロープウェイに乗り換えます。

この日もお天気がとても良く、中岳火口もちゃんと見れましたよ。

不思議ですね。

下の景色とは全く違った荒々しい岩肌にすごく奇麗なエメラルドグリーン。

長い時間をかけて、マグマの成分が溶け込んで出来た水溶液らしいですね。

e0168250_19475287.jpg

この日は阿蘇の外輪山に囲まれたホテルに宿泊しました。

窓から見える山々の稜線が見たことの無い感じです。

山のてっぺんを稜線に沿って右から左、左から右へと車が通るのが見えました。

e0168250_1948494.jpg

阿蘇の自然。

雄大さで有名なのですが、麓の小さな温泉地もとても良いのです。

阿蘇には静かでのんびりと時が流れています。

人も少なく、夕方にはヒグラシが鳴いています。

そして私の旅の楽しみ・・・あての無い散歩。

バスや電車では気が付かない色んな発見があります。
e0168250_1950284.jpg

これは「黒川」という川沿いの遊歩道。

舗装されている所ともしかしたらお庭?と言う感じの道が続きます。

真っ黒な羽にネオンカラーの体のエレガントなトンボが飛んでいましたよ。

近くの学校からは剣道部の練習の声。

散歩ではその土地の日常が少し感じられます。

[PR]
by hina-made | 2009-08-22 20:31 | 旅のこと | Comments(2)

2009夏旅。その1

毎年夏になるとあーでもない、こーでもない。。。
やりたい事が沢山ある中からいくつかを選んで旅をします。

今年のテーマは「九州の大自然を感じる船と電車の旅」。

e0168250_1725829.jpg


まずは近くのフェリーターミナルから阪九フェリーに乗船。

夜の8時に出航し、翌朝8時半に九州の新門司港に到着します。

船内はとっても広く、瀬戸内を通るので揺れも少なく何て快適なの!。

e0168250_1725422.jpg

部屋の等級に分かれてこんなくつろぎスペースもあります。(ここは1等、特等のサロン)

私たちが利用した1等個室(和室)も決して広くは無いけど、中々快適でした。

お盆すぎだったせいか、非常に空いていて、デッキも貸し切り状態。

ただ最高速度45kmで航行しているので風がすごいのです。

外でご飯を食べている人が居なかったのは、そのせいですね。笑

e0168250_17261774.jpg

夜ご飯も船内で食べれます。

メニューも色々!

量と質にビックリしたのはホルモンの鉄板焼きと豚汁。

夫曰く、ホルモンは名物らしいですよ。

熱々で美味しかったなぁ。

私は皿うどんを頼みました。

パリパリの揚げ麺にたっぷりのあん。これもたっぷりの量で美味しかったですよ。

残念な事に今回の旅行中の食べ物の写真はほぼ皆無・・・。

食べた後に「あー撮っておくのん忘れてたー!!!」

他にも船内で作られているパイシューやパン。。。色々と美味しい物がありました。

e0168250_17274665.jpg

そして眠っている間に九州に到着。

音と振動が苦手な人にはお薦め出来ませんが、私は乗り物で寝るのが結構得意です。笑

と言うよりはかなり好きなので、船旅もかなり楽しめましたよ。

この新門司港、奈良の方は見た事がありませんか?

そうです奈良時代の平城京の建物を模して作られているのです。

大きな大きなフェリーを、ゆっくりと接岸します。

当たり前だけれどものすごく上手!

全く衝撃を感じません。


e0168250_17283333.jpg


そして到着してからは、送迎バスで小倉まで。

そこからは「特急ソニック」で大分まで1時間半、

「九州横断特急」に乗り換えさらに1時間45分。

九州の特急の車内って面白い!凝った物が多いですね。

もちろん途中で駅弁も忘れずに食べて。(鶏天弁当と南蛮弁当にしましたよ。)

今回の1つ目の目的地、阿蘇に向かいました。。。

・・・つづく・・・
[PR]
by hina-made | 2009-08-21 18:27 | 旅のこと | Comments(2)

ぼうし。2

e0168250_15543126.jpg先日に引き続き・・・。

息子用帽子。

ざっくりした綿のチェックとリネンで作りました。

前回よりもかぶりは浅く、トップは小さめ。

ツバを広げてもおばちゃんぽくならない様に

ハトメをつけて、スピンドルを通しています。

これをかぶったら、カウボーイになれるかな・・。。。


夏の旅行にもクルクルっと丸めて持っていけますね。
[PR]
by hina-made | 2009-08-05 16:05 | 手作り | Comments(2)

ぼうし。

e0168250_16522293.jpg久しぶりにぼうし。

息子がまだ歩かない頃に作ったのが最後なので、
かれこれ9年ぶり位でしょうか。

息子の頭は後ろが出っ張っててサイズ大!

なので普通の子供用のはきつくって、ツバの小さめの大人用キャップをかぶってます。

でもハットとなると中々ありません。

と言う事で、作ってみましたよ。

サイズは夫のぼうしを参考に、涼しさ重視でリネンダンガリー^-^

出来上がったらやっぱりちょっと大きかった。。。夫にあげよかな。

ゆるゆるなので涼しいとは思うけど。。。

もう1度丁度サイズで息子用に作ってみます。
[PR]
by hina-made | 2009-08-03 17:03 | 手作り | Comments(0)