http://www.eonet.ne.jp/~hina-made/


by hina-made
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅のこと( 20 )

船旅。



e0168250_1151394.jpg


e0168250_11524219.jpg


夏の旅行。
今年は船で九州へ。

アトリエのある高石市の隣町、泉大津から門司までフェリーが出ています。
大きなリュックを背負って行くので、街中を通らずに行けるのも大きな魅力。

船での旅は時間がかかるけれど、移動する感覚が自然でとても気に入っています。
阿蘇の大自然で乗馬をしたり、別府で温泉につかったり・・・
元気をたっぷり頂いて帰ってきました。

夏休みも残り1週間。
制作活動からしばらく離れて、そろそろ寂しくなって来た頃・・・
9月になるのが少し待ちどうしくもあります^-^
[PR]
by hina-made | 2015-08-22 12:04 | 旅のこと | Comments(0)

海。


e0168250_1953583.jpg

七里御浜
ウミガメの産卵地だそうです。
 
[PR]
by hina-made | 2014-08-25 19:12 | 旅のこと | Comments(0)

夏の旅。



e0168250_1824330.jpg


e0168250_1831497.jpg


早いものでもうすぐ8月も下旬。
リュックを背負って今年もまた、
紀伊勝浦の島のホテルに行ってきました。

海に囲まれたこのホテル、移動手段は船。
窓からは海。
3泊だけですがレトロな宿でいつもゆっくりと過ごします。

到着した日には虹を見ました。
次の日は野生のシカも!
それに花火も。

夏休みももうすぐ終わりますね。
[PR]
by hina-made | 2014-08-22 18:11 | 旅のこと | Comments(0)

夏旅。


夏休みもあと2週間と少し。
ここ大阪も毎日暑い日が続いています。

先週我が家は恒例の夏の旅行に出かけてきました。
行き先は去年と同じく紀伊勝浦。
1年前と変わらないのんびりとした景色が迎えてくれます。

e0168250_20225437.jpg

e0168250_20231331.jpg

e0168250_20234543.jpg

海水浴の帰り道。
息子にすっかり背を抜かれてしまいました。


最終日に向かった那智山。
階段が大変でしたけれど、すばらしい景色でしたよ。

e0168250_20403922.jpg

e0168250_2041014.jpg

e0168250_20412775.jpg



太地 クジラの博物館  〒649-5171 和歌山県東牟婁郡  太地町太地2934-2
  電話:0735-59-2400
  FAX:0735-59-3823

ホテル浦島   〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2
  TEL/0735-52-1011

ホテル中の島  〒649-5334  和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
  TEL. 0735-52-1111
  FAX.0735-52-1633

那智ブルービーチ とても広くて更衣室完備のビーチです

那智山 階段を上がった先に見える景色が素晴らしいです。石段をおりて瀧を見に行くのがお勧めです。
[PR]
by hina-made | 2013-08-12 20:42 | 旅のこと | Comments(0)

海へ。

毎年夏になると、旅に出ます。
国内旅行なので、本当に短い旅だけれど
私の好きな計画を立てて出かけます。

今年は海。
海水浴がメインです。
行き先は紀伊勝浦。
最初に降りたのは太地駅です。
e0168250_22434834.jpg

バスで少し行くと、クジラと泳げる浜があります。
お天気が良ければ、湾内でクジラと一緒に泳げたのだけれど、
あいにく高波注意報が出ていて遊泳禁止になっていました。

なので、すぐ隣の「くじら館」へ。
こちらは捕鯨の歴史などが展示された資料館と、
イルカやクジラのショーが見れる施設が一緒になっています。
e0168250_224879.jpg

ここではイルカやクジラに餌をあげれたり、
e0168250_22491051.jpg

飼育されている入江でカヌーに乗れたりします。
もちろん、餌もあげれますよ。
e0168250_22524431.jpg

次の日からはお天気も回復し、朝から海水浴。
e0168250_22551986.jpg

e0168250_2256579.jpg

何年振りかと思う位ゆっくりと波に揺られ、
小さな島に作られた温泉ホテルに泊まりました。
e0168250_22572890.jpg

毎朝同じ時間に海へ行く電車に乗り、お昼過ぎに宿にもどる。
そんなゆっくりとした夏休みを4日過ごして、
今年の旅はあっという間に終わり。
あぁ・・・蝉の声も少しさびしくなってきましたね。
[PR]
by hina-made | 2012-08-11 23:07 | 旅のこと | Comments(0)
旅行3日目の朝。

すっかり日常と化したバイキングの朝ごはん。

e0168250_1542565.jpg

どうしても食べ過ぎてしまいます。


しっかりと腹ごしらえをした後は、バスにのって市街へ。

この日は「坊っちゃん列車」に乗ってみましたよ。

e0168250_1545960.jpg


e0168250_15453926.jpg


e0168250_1546368.jpg

昔、松山市街を走っていた蒸気機関車のレプリカです。

もちろん今は石炭ではなくディーゼルで走っています。


向かった先は松山城内の公園。

e0168250_15524936.jpg


e0168250_15521287.jpg

お目当ては「木下大サーカス」!

サーカステントって、すごくドキドキしますね。

息子もちょっと緊張しながら公演を楽しみました。

猛獣ショーのホワイトライオンの綺麗なこと!!!

シマウマ、キリン、ゾウ・・・本当に可愛く、そして賢くてびっくり。


2時間たっぷりと楽しんだ後は、松山一の商店街「大街道」でお昼ごはん。

何となく入ったフルーツショップ「みしま果物店」、予想以上でした。

e0168250_1611896.jpg


e0168250_162829.jpg

私が食べたのはエビとアボカドのサンド。

夫が頼んだバジルチキンのフォカッチャサンドも美味しかった!


この日は観光はせず、ホテルに戻ってプールへ。

e0168250_1695359.jpg

これは朝のプール。

水は冷泉なのでお肌にも良さそうです。

お昼からは沢山の子供たちでにぎわっていましたよ。

夕方少しお昼寝をし、温泉に入って、夜ごはん。



翌朝チャックアウトをした後は再び「壬生川駅」へと向かいます。

14:00東予発のオレンジフェリーに乗ると、瀬戸大橋と明石海峡大橋を抜けて、

e0168250_1623233.jpg

e0168250_1624117.jpg

21:30に大阪南港へ到着。

あっという間に旅は終わり。

楽しみはまた来年に。。。

[PR]
by hina-made | 2011-08-28 16:31 | 旅のこと | Comments(2)
松山城を後にした私たちは、道後温泉に向かいました。

街全体が温泉街になっているのですが、訪ねたのは「本館」。

こちらはミシュラン「日本ガイド」3つ星の観光施設です。

宿泊施設ではなく、温泉と休憩処。

e0168250_1502429.jpg


e0168250_1542573.jpg

温泉は利用しなかったのですが、中々見どころのある温泉施設のようですよ。


途中雨が降ったりやんだり・・・。

おうどん屋さんで名物の「じゃこ天うどん」を食べて、ホテルへと向かいました。


今回はゆっくりとしようと言う事で、同じホテルに連泊する事に。

道後温泉からバスで20分程山間に向かった所にある「ホテル奥道後」。

こちら、40年ほど前にある映画のロケ地にもなったホテルなのです。

古いものが好きな夫と息子はすごく楽しみにしていました。


映画の世界から四〇数年・・・。

まるで昭和の世界に取り残された様な山あいのホテル。

e0168250_15275113.jpg


e0168250_15132482.jpg

昔は神戸あたりから船とバスの直行便が出るほどの賑わいだったようです。

ホテルの中だけではなく、そこかしこに時間の経過を感じます。

e0168250_15334823.jpg


e0168250_15342782.jpg


e0168250_15222886.jpg

運転を休止したままのロープウェイ。

かつて裏山全体がレジャー施設だったころ、山頂まで沢山のお客さんを運んだのでしょうね。


e0168250_15245380.jpg

裏山の散策路。

e0168250_1525438.jpg

大きく育った藤棚。

e0168250_15271236.jpg

今は通る事の出来ない散歩道。

[PR]
by hina-made | 2011-08-28 15:31 | 旅のこと | Comments(0)
1日目、フリーパスを買った私たちは

まずは松山城に向かいました。

軽い気持ちで訪れたこのお城、想像以上に素晴らしかったです。

雨模様で写真ではその美しさが伝わらなくて残念・・・。


外から見るだけでなく、ぜひ中に入って欲しい!

中は向かいの建物をそのままに、資料館にもなっているので色んな展示がされています。

e0168250_17262249.jpg


e0168250_17264974.jpg

クーラーも何もない、昔のままのたたずまいを残す天守を

ゴムのスリッパに履き替えて見学出来ます。

なぜにゴムスリッパ?

急こう配の小さな階段を上がったり降りたりする為かな・・・。


最上階からの眺め!
e0168250_17314480.jpg

松山の街を一望できます。

このお城は建物のみならず、石垣もとても美しいのです。

e0168250_17325168.jpg

手前に写っているのは門ですよ。

奥に小さく写っているのが天守です。


お城見学の後は場内にある茶屋で一休み。

愛媛ならではの伊予柑ソフトを頂きました。

e0168250_17483591.jpg

先の5cm程を食べてから写真を撮ったので、形が変ですが・・・

伊予柑マーマレード乗せのソフトはすごく美味しい!


途中、雨が降りだしそのまま茶屋で雨宿り。

通り雨をやり過ごして、帰りのリフト乗り場へ向かいました。


松山城までは歩いても行けるのですが、20分程の結構な上り坂が続きます。

ですので私たちはリフトで。(同じチケットでロープウェイにも乗れますよ)

e0168250_17373427.jpg

高所恐怖症の方はご用心。

6分ほどのプチ空中散歩です。

[PR]
by hina-made | 2011-08-26 17:53 | 旅のこと | Comments(0)
今年の旅は四国松山。

日本最古の歴史を誇る道後温泉へ。



ルートは色々あるけれど、私たちは「オレンジフェリー」でゆっくり旅。

南港フェリーターミナルから東予港まで約8時間の船旅です。


夜10時半に出港したカーフェリーは、翌朝6時過ぎに東予に到着します。

e0168250_13181780.jpg

このフェリーには3人部屋がないので、4人部屋を貸し切りにしてもらいました。

船首に位置するこの部屋は、小さなホテルの様な設備が整っていて、2段ベッドもゆったり。

寝室スペースの奥にTVや洗面台、ソファーの置かれたスペースがあります。


e0168250_1326893.jpg

e0168250_13263879.jpg

船の中には展望ロビーもあり、なかなか豪華な作りになっています。



遅めの夕飯をフェリーで済ませ、ひと眠りしている間に東予に到着。

もっとゆっくりと楽しみたかったと、少し残念な気持ちになりながら下船すると、

可愛い野良犬のお出迎え。

e0168250_13335278.jpg

最近見かけなくなりましたね。

船が着くたびにやって来るのかな・・・。

e0168250_1335078.jpg

ここからはシャトルバスを使って最寄りの壬生川駅へ。

壬生川から松山までは、「特急いしづち」で45分ほど。


松山市の大通りには市電が走り、とても緑豊かなきれいな街です。

堺や奈良の街に少し似ています。


到着したときはしとしとと降る雨。

旅行中に雨にあうなんて珍しい事です。

e0168250_13511224.jpg

8時過ぎに松山に到着した私たちは、まずは観光センターでフリーパスを購入。


1日市電とバスのが乗り放題で大人400円。

これがあれば市内の観光名所が色々と回れるようになっています。


このパスに1000円プラスすると、松山城へのロープウェイ往復+入城券と

坊ちゃん列車の乗車券1回分も付いています。

なので1日目はこちらを買いました。

[PR]
by hina-made | 2011-08-26 13:55 | 旅のこと | Comments(0)
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

旅も最終日。

e0168250_2222278.jpg

4日間だけれど、泊まっていた宿を片付けて靴をはく。

何だか寂しいものです。


高速船は私たちを乗せて島を離れます。

e0168250_2224336.jpg

大きな自然に包まれた島がどんどん遠ざかります。

見た事のないすてきな物を、沢山見せてくれてありがとう。

生き物の力の溢れるこの場所に、またいつか戻りたいと心から願います^-^

[PR]
by hina-made | 2010-08-28 22:32 | 旅のこと | Comments(6)